コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水道啓(2) しみず どうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水道啓(2) しみず-どうけい

1754-1769 江戸時代中期の茶人。
宝暦4年生まれ。石州流清水派別家の清水道先(どうせん)の門にまなぶ。明和6年2月21日死去。16歳。名は紹善。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水道啓(2)の関連キーワードヘルダーネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦フレンチ・アンド・インディアン戦争アメリカ合衆国史(年表)賀茂季鷹フランス東インド会社ルニョー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android