清田[区](読み)きよた

百科事典マイペディアの解説

清田[区]【きよた】

北海道札幌市南東部の区。1997年豊平区から分区して区制。北は白石区と厚別区,西は豊平区,南西部は南区,南は恵庭市,東は北広島市と接する。区域の約3分の2が丘陵地と山林で,南西部に位置する白旗山は市最大の市有林。白旗山スキー距離競技場,自然観察の森,ふれあいの森などが整備されている。1960年代以降,清田団地・八望台団地・北野団地・真栄団地などが造成されたほか,国道36号線地域には工場や商業用施設が建設され,農村地帯から住宅地となった。59.87km2,11万6619人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android