豊平(読み)とよひら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広島県北西部,北広島町南部の旧町域。広島市の北に接する。 1956年吉坂村,原村,都谷村の3村が合体して町制。 2005年芸北町,大朝町,千代田町の3町と合体して北広島町となった。北部は可愛川,南部は太田川水系に属し,山地大部分を占める。農業の主体は米作畜産で,各種の農村工業が進出している。またゴルフ場や別荘地としての利用もみられ,変化が著しい。国指定史跡の吉川氏城館跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広島県西部、山県郡(やまがたぐん)にあった旧町名(豊平町(ちょう))。現在は北広島町(きたひろしまちょう)の中央部南寄りを占める地域。旧豊平町は1956年(昭和31)吉坂(よしさか)、原、都谷(つだに)の3村が合併して成立。2005年(平成17)大朝(おおあさ)、芸北(げいほく)、千代田(ちよだ)の3町と合併し、北広島町となる。旧町域は中国脊梁(せきりょう)山地に続く吉備(きび)高原上にあり、国道433号が通じる。米作、畜産などの農業が主体で、ソバの栽培も盛ん。林業も行われるほか工場の進出も著しい。明治末の一時期、山県郡役所が置かれた。毛利氏の一族吉川元春(きっかわもとはる)の邸跡(国指定史跡)や墓などもある。神楽(かぐら)や田楽(でんがく)の郷土芸能が伝承され、観光地に竜頭(りゅうず)山や駒(こま)ヶ滝がある。

[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

札幌市の行政区の一つ。昭和四七年(一九七二)成立。同三六年札幌市に編入される前の石狩支庁札幌郡豊平町にあたり、豊平川右岸から月寒川の流域を占める。月寒公園、羊ヶ丘展望台などがある。平成九年(一九九七)清田区を分区。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊平の関連情報