コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清貧の思想 せいひんのしそう

2件 の用語解説(清貧の思想の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清貧の思想
せいひんのしそう

中野孝次の著書の題名。その内容は,西行兼好,芭蕉 (→松尾芭蕉 ) など,いわば世捨て人の風雅の暮しを論じたもの。一切を捨てきったあとの心の充実を説くその論は,むしろ古風な伝統のうえにあるもので目新しいことではないが,ちょうどバブルがはじけた時期と重なり,「清貧」の語が新鮮な響きをもって復活した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいひんのしそう〔セイヒンのシサウ〕【清貧の思想】

中野孝次によるエッセイ西行兼好芭蕉といった風流人たちの生き方を紹介しつつ、シンプルな暮らしを提唱する。日本のバブル経済崩壊後の平成4年(1992)に刊行され、一大ブームとなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清貧の思想の関連キーワード産業民主主義中野吉書中野孝次品題題名僧申送りうさぎとかめ口笛吹いて私教類聚

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清貧の思想の関連情報