コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清貧の思想 せいひんのしそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清貧の思想
せいひんのしそう

中野孝次の著書の題名。その内容は,西行兼好芭蕉 (→松尾芭蕉 ) など,いわば世捨て人の風雅の暮しを論じたもの。一切を捨てきったあとの心の充実を説くその論は,むしろ古風な伝統のうえにあるもので目新しいことではないが,ちょうどバブルがはじけた時期と重なり,「清貧」の語が新鮮な響きをもって復活した。これがタイムリーなネーミングとなり,驚くほどの反響を得た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいひんのしそう〔セイヒンのシサウ〕【清貧の思想】

中野孝次によるエッセイ西行兼好芭蕉といった風流人たちの生き方を紹介しつつ、シンプルな暮らしを提唱する。日本のバブル経済崩壊後の平成4年(1992)に刊行され、一大ブームとなった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

清貧の思想の関連キーワードフォントネーのシトー会修道院妙秀尼

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清貧の思想の関連情報