済州道(読み)さいしゅうどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

済州道
さいしゅうどう / チェジュド

韓国(大韓民国)で唯一の、島からなる道。面積1846.29平方キロメートル、人口51万2541(2000)。道庁所在地は済州市。1946年、道制実施で全羅南道(ぜんらなんどう/チョルラナムド)の管轄から昇格した。行政区域は2市、2郡からなる。大学などの教育施設が多く、観光地としての開発が進められている。

[森 聖雨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さいしゅう‐どう サイシウダウ【済州道】

朝鮮の道の一つ。済州島および周辺の小島群を占める。一九四六年全羅南道から分離して置かれた。道庁所在地は済州市。チェジュド。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の済州道の言及

【済州島】より

漢拏(かんな)山(1950m)がつくった火山島で,東西に長い楕円形をなし,面積は1840km2で韓国最大の島。行政上は一島で済州道をなし,道庁所在地は済州市。漢拏山は南朝鮮の最高峰であるが,山麓に河川がなく,海岸沿いに点在する約150個所の湧泉を中心に集落が形成されている。…

※「済州道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android