渋くる(読み)シブクル

デジタル大辞泉の解説

しぶ‐く・る【渋くる】

[動ラ五(四)]
なめらかに動かない。また、ためらう。しぶる。
「此間から―・って居たが」〈風葉青春
「目ガ―・ル」〈日葡
渋い味がする。
「悪イ茶ヲ飲ウデ口ガ―・ル」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぶくる【渋くる】

( 動五[四] )
はっきりしない。ぐずつく。しぶる。 「(空模様ガ)-・つて居たが、到頭本物になつて来やがつた/青春 風葉
(目が)しょぼしょぼする。 「目ガ-・ル/日葡」
渋みを感じる。口が渋くなる。 「悪イ茶ヲ飲ウデ口ガ-・ル/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android