渋川伝次郎(読み)しぶかわ でんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋川伝次郎 しぶかわ-でんじろう

1898-1991 大正-昭和時代の殖産家。
明治31年11月10日生まれ。青森県農事試験場の技手などをへて,昭和21年青森県りんご協会を創立,専務理事。リンゴの剪定法の体系化,文書化につとめるなど,栽培技術の指導につくした。平成3年6月13日死去。92歳。青森県出身。青森県立農学校(現五所川原農林高)卒。著作に「りんご栽培法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android