コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

技手 ギシュ

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐しゅ【技手】

官庁・会社などで、技師の下に属する技術者。
旧制官庁で、技師の下に属した判任官または判任官待遇の技術官。ぎて。

ぎ‐て【技手】

ぎしゅ(技手)」のこと。「技師(ぎし)」との混同を避けるための呼び方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎしゅ【技手】

会社などで、技師の下にあり、技術関係の仕事を行う者。
旧制官庁で、技術官吏の一つとして技師の下に属した判任官または同待遇者。ぎて。

ぎて【技手】

〔「ぎし(技師)」と紛らわしく聞こえるところから言い分けた語〕
ぎしゅ(技手) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

技手の関連キーワード歌川広近(2代)丹下 茂十郎玉木 弁太郎石田 熊治郎日吉 小次郎杉山 信三藤川 禎次坂井 犀水井深 捨吉山田卯之助赤間与三次六郷 政賢小田 吉次玉木弁太郎川村カ子ト丹下 乾三辰見盛太郎村井 菊蔵渡辺 大一沖牙太郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android