技手(読み)ギシュ

大辞林 第三版の解説

ぎしゅ【技手】

会社などで、技師の下にあり、技術関係の仕事を行う者。
旧制官庁で、技術官吏の一つとして技師の下に属した判任官または同待遇者。ぎて。

ぎて【技手】

〔「ぎし(技師)」と紛らわしく聞こえるところから言い分けた語〕
ぎしゅ(技手)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

技手の関連情報