技手(読み)ギシュ

大辞林 第三版の解説

ぎしゅ【技手】

会社などで、技師の下にあり、技術関係の仕事を行う者。
旧制官庁で、技術官吏の一つとして技師の下に属した判任官または同待遇者。ぎて。

ぎて【技手】

〔「ぎし(技師)」と紛らわしく聞こえるところから言い分けた語〕
ぎしゅ(技手)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎ‐しゅ【技手】

〘名〙
① 旧制で、技術官の一つ。官庁において技師の下に属し、技術をつかさどる判任官または判任官待遇者。ぎて。
※技術官俸給令(明治三一年)(1898)二条「技術官を分て技師及技手とす」
② 会社などで技師の下に属して、技術関係の仕事をする者。ぎて。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉四「技師或は技手なる監督者と」

ぎ‐て【技手】

〘名〙 (「技師(ぎし)」と発音が紛れやすいので、区別するための呼び方) =ぎしゅ(技手)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

技手の関連情報