技手(読み)ギシュ

大辞林 第三版の解説

ぎしゅ【技手】

会社などで、技師の下にあり、技術関係の仕事を行う者。
旧制官庁で、技術官吏の一つとして技師の下に属した判任官または同待遇者。ぎて。

ぎて【技手】

〔「ぎし(技師)」と紛らわしく聞こえるところから言い分けた語〕
ぎしゅ(技手)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

技手の関連情報