コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋沢宗助 しぶさわ そうすけ

2件 の用語解説(渋沢宗助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋沢宗助 しぶさわ-そうすけ

1795*-1871* 江戸時代後期の養蚕改良家。
寛政6年12月2日生まれ。渋沢栄一の伯父。武蔵(むさし)榛沢(はんざわ)郡(埼玉県)血洗島(ちあらいじま)村の名主。上野(こうずけ)や信濃(しなの)など養蚕地をめぐって技術をまなび,安政2年(1855)「養蚕手引抄」を出版して地域の養蚕法を改良。また剣術道場練武館や寺子屋をもうけ,子弟の教育にあたった。明治3年12月2日死去。77歳。号は誠室。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

渋沢宗助

没年:明治3.12.2(1871.1.22)
生年:寛政6.12.2(1795.1.22)
江戸末期の武蔵国榛沢郡血流島村(深谷市)の名主,養蚕改良家。生家は血洗島村の渋沢一門の豪農で,のちに活躍する渋沢栄一,尾高惇忠は,宗助の甥に当たる。天保4(1833)年から弘化1(1844)年にかけて,奥州,信州などの養蚕家から技術を学び,安政2(1855)年に『養蚕手引抄』を自費出版。同書は自分の研究と体験に基づいて,北武蔵地域旧態依然たる養蚕方法を改めようとしたもの。また若くして剣術を学び,村内に練武館という道場を開いている。<参考文献>『新編埼玉県史・資料編』16巻

(黒須茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

渋沢宗助の関連キーワード廃藩置県エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)新教育高田藩北海道開拓渋沢宗助

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone