コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋沢宗助 しぶさわ そうすけ

2件 の用語解説(渋沢宗助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋沢宗助 しぶさわ-そうすけ

1795*-1871* 江戸時代後期の養蚕改良家。
寛政6年12月2日生まれ。渋沢栄一の伯父。武蔵(むさし)榛沢(はんざわ)郡(埼玉県)血洗島(ちあらいじま)村の名主。上野(こうずけ)や信濃(しなの)など養蚕地をめぐって技術をまなび,安政2年(1855)「養蚕手引抄」を出版して地域の養蚕法を改良。また剣術道場練武館や寺子屋をもうけ,子弟の教育にあたった。明治3年12月2日死去。77歳。号は誠室。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渋沢宗助

没年:明治3.12.2(1871.1.22)
生年:寛政6.12.2(1795.1.22)
江戸末期の武蔵国榛沢郡血流島村(深谷市)の名主,養蚕改良家。生家は血洗島村の渋沢一門の豪農で,のちに活躍する渋沢栄一,尾高惇忠は,宗助の甥に当たる。天保4(1833)年から弘化1(1844)年にかけて,奥州,信州などの養蚕家から技術を学び,安政2(1855)年に『養蚕手引抄』を自費出版。同書は自分の研究と体験に基づいて,北武蔵地域旧態依然たる養蚕方法を改めようとしたもの。また若くして剣術を学び,村内に練武館という道場を開いている。<参考文献>『新編埼玉県史・資料編』16巻

(黒須茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渋沢宗助の関連キーワード鈴木柳塘森本沙鴎巌流島畠山重保深谷市深谷深谷市議選をめぐる選挙違反事件尾高惇忠尾高次郎鳳紋武蔵

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone