減圧弁(読み)げんあつべん(英語表記)reducing valve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減圧弁
げんあつべん
reducing valve

蒸気,空気,ガスなどの圧力が使用目的に対して高すぎるとき,これを減圧して減圧後の圧力を一定に保つための。減圧後の圧力が所定の値に保持されるように,死荷重,ばね,ダイヤフラムなどによって制御され,減圧側の圧力が小さくなると,これらの力により弁が開き,逆に減圧側の圧力が高くなると弁が閉じるように自動的に制御されて減圧側の圧力が一定に保たれる。構造は多種多様であるが,必ず高圧側に止め弁,低圧側には逃し弁または安全弁が設けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

げんあつべん【減圧弁】

調整弁の一種。高圧の気体または液体を減圧し一定圧力に保持して用いるための調節弁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android