コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡り物 ワタリモノ

2件 の用語解説(渡り物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わたり‐もの【渡り物】

外国から渡ってきた品物。舶来品。「南蛮からの渡り物
祭礼などの際、練って歩く行列・山車(だし)など。ねりもの。
「その日―ありとて、にぎはひけり」〈咄・あられ酒・五〉
先祖から代々伝わるもの。
「されば代々の―にて、朱雀院の同じ事に侍るべきにこそ」〈大鏡・三条院〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わたりもの【渡り物】

先祖から代々伝えられた物。 「代々の-にて、朱雀院のおなじ事に侍べきにこそ/大鏡 三条
外国または遠くから運ばれて来た物。特に、舶来品。 「下着上着も-/浄瑠璃・博多小女郎
祭礼のねりもの。 「今日に至るまで-の様子をも談合いたさぬ/狂言・鬮罪人」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone