コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡り物 ワタリモノ

2件 の用語解説(渡り物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わたり‐もの【渡り物】

外国から渡ってきた品物。舶来品。「南蛮からの渡り物
祭礼などの際、練って歩く行列・山車(だし)など。ねりもの。
「その日―ありとて、にぎはひけり」〈咄・あられ酒・五〉
先祖から代々伝わるもの。
「されば代々の―にて、朱雀院の同じ事に侍るべきにこそ」〈大鏡・三条院〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わたりもの【渡り物】

先祖から代々伝えられた物。 「代々の-にて、朱雀院のおなじ事に侍べきにこそ/大鏡 三条
外国または遠くから運ばれて来た物。特に、舶来品。 「下着上着も-/浄瑠璃・博多小女郎
祭礼のねりもの。 「今日に至るまで-の様子をも談合いたさぬ/狂言・鬮罪人」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡り物の関連キーワード外電外来種唐猫胡雁渡来舶来舶来品初雁洋品舶貨