コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡嘉敷守良 とかしき しゅりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡嘉敷守良 とかしき-しゅりょう

1880-1953 明治-昭和時代の舞踊家,舞台俳優。
明治13年8月13日生まれ。沖縄県首里(那覇市)の人。7歳から組踊宮廷舞踊などをならう。明治36年ごろ弟の渡嘉敷守礼らと好劇会を結成,38年球陽座を創立して座長となり,沖縄演劇界の中心として活動。「今帰仁(なきじん)由来記」などの劇作も手がけた。昭和28年10月4日死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渡嘉敷守良の関連キーワード神村 真紀子仲井真 盛良渡嘉敷 守礼渡嘉敷 守儀渡嘉敷 守章児玉 清子鉢嶺 喜次玉城盛重昭和時代沖縄芸能舞踊家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android