渡文(読み)わたしぶみ

精選版 日本国語大辞典の解説

わたし‐ぶみ【渡文】

〘名〙
① 事務引き継ぎの際、現存する管理物または事務の現状を目録風に記して、前任者より後任者へ渡す文書。渡目録。
※高野山文書‐康永元年(1342)六月一日・谷上院調度文書渡目録「右文書、以往代代院主渡文無之」
② 売買の証文。譲り状。渡し状。
※今昔(1120頃か)一六「(たしか)に己れ渡す由の渡文をて金打て渡せば、請取ぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android