渡文(読み)わたしぶみ

精選版 日本国語大辞典「渡文」の解説

わたし‐ぶみ【渡文】

〘名〙
① 事務引き継ぎの際、現存する管理物または事務の現状を目録風に記して、前任者より後任者へ渡す文書。渡目録。
高野山文書‐康永元年(1342)六月一日・谷上院調度文書渡目録「右文書、以往代代院主渡文無之」
② 売買の証文譲り状。渡し状。
今昔(1120頃か)一六「(たしか)れ渡すの渡文をて金打て渡せば、請取ぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android