コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡瀬凌雲 わたせ りょううん

美術人名辞典の解説

渡瀬凌雲

南画家。長野県生。名は幸成、凌雲は号。師は山本梅荘福田浩湖。同志と南画院を結成、昭和35年日本南画院結成に参加、同理事、常務理事、副理事長を勤める。42年南林社結成。天竜寺慈済院開山堂天井画「雲竜」を制作する。日本南画院展桂月賞・文部大臣賞受賞。昭和55年(1980)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡瀬凌雲 わたせ-りょううん

1904-1980 大正-昭和時代の日本画家。
明治37年7月9日生まれ。小平小洲,福田浩湖らにまなぶ。日本南宗画会展,帝展などで入選。昭和35年日本南画院の再興に参加,41年「飛瀑朝宗」で文部大臣賞。48年日本南画院副理事長。昭和55年5月17日死去。75歳。長野県出身。本名は幸成。作品に「残照グランド・キャニオン」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渡瀬凌雲の関連キーワード熊野古道なかへち美術館昭和時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android