朝宗(読み)チョウソウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐そう〔テウ‐〕【朝宗】

[名](スル)
《「朝」は春に、「宗」は夏に天子に謁見する意》古代中国で、諸侯が天子に拝謁すること。
多くの河川がみな海に流れ入ること。
権威あるものに寄り従うこと。
「カントに―する当為の哲学であるが」〈和辻・風土〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうそう【朝宗】

( 名 ) スル
〔春に謁するのを「朝」、夏に謁するのを「宗」というのによる〕 古く、中国で諸侯が天子に拝謁すること。
河水が大海に注ぎ入ること。
多くの山脈が一つのところに集まること。 「亜細亜大陸の火山脈…北海道に進入し、前みて奥羽に到り、三派に別れて中原に-し来る/日本風景論 重昂
権威のある者に寄り従うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐そう テウ‥【朝宗】

〘名〙 (「そう」は「宗」の漢音)
① (「朝」は春に、「宗」は夏に天子に謁見するの意) 古く中国で、春と夏に諸侯や群臣が天子に拝謁すること。また、諸侯が天子に謁見して帰服・従属すること。
※文華秀麗集(818)上・江楼春望〈小野岑守〉「滔滔流水何所似、四海朝宗帰聖王」 〔謝朓‐拝中軍記室辞随王牋〕
② 多くの河川が海に集まって流れ込むこと。
※和漢朗詠(1018頃)下「仏の神通を以てもいかでか酌み尽さむ 僧祇劫を経ても朝宗せむとす〈大江以言〉」 〔詩経‐小雅・沔水〕
③ 多くの山脈がその地にあつまること。
日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「亜細亜大陸の火山脈、カムサッカ半島より千島列島に入り、北海道に進入し、前みて奥羽に到り、三派に別れて、中原に朝宗し来る」
④ 権威のある一つのものに寄り従うこと。
※風土(1935)〈和辻哲郎〉二「カントに朝宗する当為の哲学であるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android