コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝宗 チョウソウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐そう〔テウ‐〕【朝宗】

[名](スル)
《「朝」は春に、「宗」は夏に天子に謁見する意》古代中国で、諸侯が天子に拝謁すること。
多くの河川がみな海に流れ入ること。
権威あるものに寄り従うこと。
「カントに―する当為の哲学であるが」〈和辻・風土〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうそう【朝宗】

( 名 ) スル
〔春に謁するのを「朝」、夏に謁するのを「宗」というのによる〕 古く、中国で諸侯が天子に拝謁すること。
河水が大海に注ぎ入ること。
多くの山脈が一つのところに集まること。 「亜細亜大陸の火山脈…北海道に進入し、前みて奥羽に到り、三派に別れて中原に-し来る/日本風景論 重昂
権威のある者に寄り従うこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝宗の関連キーワード依田学海(よだがっかい)伊達(市)(福島県)室町時代(年表)レ・ズイ・マト藤原時長(1)福田 規矩雄ハン・ソクキ大島友之允渡瀬 凌雲桑折西山城福田規矩雄日本風景論小田孝朝即非如一名越朝時北条重時上杉禅秀上杉憲方小田五郎依田学海

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝宗の関連情報