コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡良瀬川遊水池 わたらせがわゆうすいち

世界大百科事典 第2版の解説

わたらせがわゆうすいち【渡良瀬川遊水池】

利根川水系における洪水調節の一環として,渡良瀬川下流域に1918年に造成された遊水池。栃木県藤岡町にある。当初計画の面積33km2。渡良瀬川のほか,思川,巴波(うずま)川などが集まり,さらに洪水の際は利根川の水が渡良瀬川の流れをふさぐため,洪水が非常に多かった。そこで足尾鉱山の鉱毒問題に悩む谷中(やなか)村を廃村とし,赤麻(あかま)沼,石川沼を含む一大遊水池とした。その後,洪水を調節する機能をもたせ,洪水の際の増水分はすべて越流堤を越えて調節池に入り,渡良瀬川の流量を0とするように計画されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

渡良瀬川遊水池の関連キーワード藤岡[町]野木[町]野木

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android