コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡部お糸(初代) わたなべ おいと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡部お糸(初代) わたなべ-おいと

1876-1954 明治-大正時代の民謡歌手。
明治9年11月6日生まれ。子どものころから安来節(やすぎぶし)をうたい,明治44年保存会の結成で活動の場がひろがる。大正5年のレコード吹き込み,全国俚謡(りよう)名人大会での優勝,東京浅草木馬館での常時公演,全国巡業などで安来節を日本有数の民謡にそだてあげた。現代まで4代をかぞえる。昭和29年3月27日死去。77歳。島根県出身。本名はいと。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渡部お糸(初代)の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android