コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温室建築 おんしつけんちくgreenhouse architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温室建築
おんしつけんちく
greenhouse architecture

19世紀の産業革命以後,鉄による大架構や全面ガラス張りが可能となり,スチーム暖房の技術が進展したことによって,ヨーロッパ各地に巨大な温室が建設された。これらはおもに建築家ではなく技師によって造られたが,J.パックストンによって水晶宮が博覧会場として建てられるに及び,20世紀建築の原型の一つであることを証明した。巨大な温室建築の背景には 19世紀ヨーロッパにおける熱帯植物の愛好,特にヤシ栽培の流行が関与している。ガラスの屋根面には反射によるむだを少くし,光が垂直に差込むようにするため初期から曲面が用いられた。 19世紀に建てられた温室の多くが現存するが,代表的なものにロンドンのキューガーデンのヤシ栽培温室パーム・ハウス (D.バートン,R.ターナー設計,1844~48) がある。パックストンがチャッツワースに造った当時最大の温室 (36~40) は,折板屋根で曲面をつくったデザインであったが,取りこわされ,現存しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

温室建築の関連キーワード室内庭園

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android