温帯冬雨気候(読み)おんたいとううきこう(英語表記)Cs climate

  • おんたいふゆあめきこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温帯気候の一つで,年間降水量が冬に多くなる気候。ウラジーミル・P.ケッペン気候区分では,冬の最多雨月降水量が夏の最寡雨月降水量の 3倍以上の気候の地域。最も典型的に現れるのが地中海地域であることから,地中海式気候ともいう。地中海での冬の降水量はそれほど多くはなく,夏に比べれば冬雨型ということであり,特徴としては温帯夏乾燥気候というほうが適切である。その他,北アメリカ大陸のカリフォルニア地方,アフリカ大陸南端部,オーストラリア大陸南西部,南アメリカのチリ中央部もこれにあたる。植生は,夏の乾燥に強いオリーブ,イチジクレモンオレンジなどが主となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android