コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温帯冬雨気候 おんたいとううきこうCs climate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温帯冬雨気候
おんたいとううきこう
Cs climate

温帯気候の一つで,年間の降水量が冬に多くなる気候。ウラジーミル・P.ケッペン気候区分では,冬の最多雨月降水量が夏の最寡雨月降水量の 3倍以上の気候の地域。最も典型的に現れるのが地中海地域であることから,地中海式気候ともいう。地中海での冬の降水量はそれほど多くはなく,夏に比べれば冬雨型ということであり,特徴としては温帯夏乾燥気候というほうが適切である。その他,北アメリカ大陸のカリフォルニア地方,アフリカ大陸南端部,オーストラリア大陸南西部,南アメリカのチリ中央部もこれにあたる。植生は,夏の乾燥に強いオリーブ,イチジク,レモン,オレンジなどが主となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温帯冬雨気候
おんたいふゆあめきこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

温帯冬雨気候の関連キーワード南アフリカ共和国アメリカ合衆国アルジェリアイベリア半島ブルガリア西ケープ州エジプトスペインギリシアフランスイタリアレバノン西岸気候シリアイランモナコトルコ雨季乾季

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android