温度ジャンプ法(読み)おんどじゃんぷほう

  • temperature jump method

化学辞典 第2版の解説

化学緩和法一種で,平衡にある化学反応系の温度を急激に上昇させ,新しい平衡状態に向かって反応が移行しようとする現象(緩和現象)を,光学的方法,伝導率変化などによって測定することにより,10-7~1 s の比較的速い溶液内反応を追跡するのに用いられている.温度ジャンプを起こすのに現在もっとも広く用いられているのは,高圧で充電したコンデンサーを,電解質を含む試料溶液を通じて放電し,溶液抵抗によって生じるジュール熱で急激に加熱する方法である.ジュール熱による方法は,セルに電極挿入と,電解質の添加を必要とするので,これらを必要としない方法として,マイクロ波パルスやレーザー光パルス(たとえば,Ndガラスレーザーによる1.06 μm のレーザー光)などによる加熱も研究されている.また,ストップドフロー法と温度ジャンプ法を組み合わせた装置も開発され,高速反応,とくに酵素反応の研究などに用いられている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の温度ジャンプ法の言及

【反応速度】より

…これはドイツのM.アイゲンにより開発された方法で,その測定原理は,平衡状態にある反応系の温度あるいは圧力を急速に変化させることにより,非平衡状態とし,系が新しい平衡状態に接近する過程を測定し,反応速度を決定しようとするものである。この方法は温度ジャンプ法,圧力ジャンプ法などとも呼ばれ,これらの方法により半減期が1~10-6秒の反応速度を測定することができる。緩和法により,水中での酸と塩基の中和反応 H3O+OH―→2H2Oの反応速度が初めて測定された。…

※「温度ジャンプ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android