コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖春 こしゅん

世界大百科事典 第2版の解説

こしゅん【湖春】

1648‐97(慶安1‐元禄10)
江戸前期の俳人。姓は北村。名は季順(すえより)。通称は久太郎(休太郎)。初号季重。北村季吟の子。京都三条山伏山町の生れ。父季吟の指導によって幼時から俳諧に親しみ,1659年(万治2)12歳で早くも季吟の古今伝授竟宴(きようえん)の俳諧に出座,67年(寛文7)には20歳の若さで宗匠となり,季吟の援助の下これを記念して《続山井(ぞくやまのい)》を編んだ。78年(延宝6)ころから季吟の庇護を離れ,俳壇での主導権を譲られたようで,談林の新風を競い合う気鋭の若手俳人との交渉が活発となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湖春の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地右衛門佐局(2)北海道根室市中島 多茂都北村湖春北村正立北村湖元久居藩枯尾花歌学方田ステ田捨女炭俵

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湖春の関連情報