コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖沼水質保全特別措置法 こしょうすいしつほぜんとくべつそちほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖沼水質保全特別措置法
こしょうすいしつほぜんとくべつそちほう

湖沼環境改善のための法律。環境悪化に歯止めをかけるため,1981年に中央公害審議会の答申に基づき,環境庁が法案を作成。当初は湖沼だけでなく,周辺地域の開発抑制,生活・工場排水規制まで盛込まれていたが,大幅な骨抜きがされ,84年にようやく制定,85年施行となった。この法律により,環境庁が水質汚濁の著しい湖沼を指定し,各自治体水質保全計画を策定,生活・工場排水などについて特別措置を行う。指定されたのは茨城県・霞ヶ浦,千葉県・印旛沼手賀沼など9湖沼である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の湖沼水質保全特別措置法の言及

【湖沼汚濁】より

…さらに,汚濁源ともなり,同時に自然の浄化機能を低下させる湖岸の改変,埋立て,湖周道路の建設,河川のコンクリート化,山林の乱伐など,自然環境の破壊につながる開発を慎み,自然環境の保全に努めなければならない。湖沼【鈴木 紀雄】
[湖沼法]
 日本では1984年7月,湖沼の水質の保全を図ることを目的として〈湖沼水質保全特別措置法〉(略称,湖沼法)が公布された。本法は,湖沼の水質保全の基本方針を定めることを国に義務づけているほか,指定湖沼およびその周辺の指定地域(ともに内閣総理大臣が指定)の制度を置き,水質の保全について,指定地域における排出水の規制基準の設定など特別の措置を定めている。…

※「湖沼水質保全特別措置法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報