コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水質保全(読み)すいしつほぜん(英語表記)preservation of water quality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水質保全
すいしつほぜん
preservation of water quality

飲料水,工業用水魚介類成育,環境保全その他,公共用水域の水の役割が水質汚濁により阻害されるのを防ぐこと。そのためには多方面にわたる施策が必要である。公害対策基本法は,水の用途に応じて,河川,湖沼,海域ごとに環境基準を定め,この基準を達成するために,水質汚濁防止法海洋汚染防止法など一連の規制が定められており,また下水道の普及設置などにより汚濁の防止がはかられている。下水道は,1976年度には処理地域内人口割合 18.6%であった普及率を,92年3月までに約 45%にまで引上げた。規制面では総量規制の導入を急ぎ実施する方向にある。また PCB,水銀などで汚染された底質へどろ浚渫などが実施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

水質保全【すいしつほぜん】

水質汚濁を防ぐこと。法的な方策がとられたのは英国が一番古く,1876年に河川汚濁防止法が,以降1930年代までに,サケおよび淡水魚法,下水道条令,工場下水条令などが定められている。日本では1958年に〈公共用水域の水質の保全に関する法律〉(水質保全法),〈工場排水等の規制に関する法律〉(工場排水等規制法)を制定,1970年にはこの両法を廃して,水質汚濁防止法を制定した(1971年施行)。このほか湖沼の水質の富栄養化を防止するための〈湖沼水質保全特別措置法〉(1985年施行),瀬戸内海の水質保全のための〈瀬戸内海環境保全特別措置法〉(1978年に〈臨時措置法〉を改正)などがある。
→関連項目産業排水水質基準水汚染

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水質保全の関連情報