コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湘君・湘夫人 しょうくんしょうふじん Xiāng jūn,Xiāng fū rén

1件 の用語解説(湘君・湘夫人の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうくんしょうふじん【湘君・湘夫人 Xiāng jūn,Xiāng fū rén】

中国古代の文学作品《楚辞》九歌篇に歌われる2人の女神。湖南省にある湘水の神とされ,また洞庭湖の水神でもあって,湖中の君山にその祠廟がある。《山海経(せんがいきよう)》に洞庭の山に住む天帝の2人の娘のことが見え,漢の《列女伝》では,この2人は尭帝の娘で舜の妃である娥皇と女英であって,舜が蒼梧で死ぬと2人は湘水に身を投げてその神になったのだとされている。湘君と湘夫人はこの2女神に比定されるが,一説には湘君は男神,湘夫人は女神で,2人は夫婦なのだともされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湘君・湘夫人の関連キーワード歌謡楚辞文選漢文学潯陽ヤウス古代文学傷痕文学先秦文学佐藤武敏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone