コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湘君 ショウクン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐くん〔シヤウ‐〕【湘君】

中国、湘江の伝説上の女神。尭(ぎょう)帝の二人の娘で、姉を娥皇・妹を女英といい、共にの妃となったが、舜が没すると、悲しんで湘江に身を投げて水神となったという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

湘君【しょうくん】

中国神話の水神。天帝の娘。湘夫人とともに湘水湖南省)に住み,2神が出入するたびに風雨波浪を起こすという。のち舜に嫁した(ぎょう)の娘娥皇・女英とされ,舜の没した時,後を追って湘水で死んだと伝えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうくん【湘君】

古代中国の女神。尭帝の二人の娘娥皇・女英がともに舜の妃となったが、舜の没後その死を悲しんで、湘水に投身し、水神になったものという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湘君
しょうくん

中国の古代神話に登場する女神。洞庭湖に注ぎ込む湘水の神。堯帝(ぎょうてい)は中国南方を視察中、湘水の上流の蒼梧(そうご)の野で死んだが、そのとき付き従っていた2人の妃(きさき)の娥皇(がこう)と女英(じょえい)はこれを悲しんで湘水に投身し、水の神になったと伝えられる。これが湘君で、戦国時代の南方の歌謡を収録した『楚辞(そじ)』の「九歌」には、湘君を祀(まつ)るときに歌った歌謡が残されており、湘君の信仰が古くから行われていたことがわかる。また『史記』には、始皇帝と湘君との抗争伝承が記されている。中国を統一した始皇帝が各地を巡遊中、洞庭湖の付近で揚子江(ようすこう)を渡ろうとしたが、大風にあって渡河できなかった。それが湘君のしわざであることを知った始皇帝は激怒し、3000人を動員して、湘君が鎮座する湘山の樹木を1本残らず切り尽くし、山を赤裸にしてしまったという。[伊藤清司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湘君の関連キーワード馮夷(ふうい)湘君・湘夫人中国神話九歌図始皇帝楚辞

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android