コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湘江評論 しょうこうひょうろんXiāng jiāng píng lùn

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこうひょうろん【湘江評論 Xiāng jiāng píng lùn】

中国,五・四運動当時の湖南学生連合会の機関紙。1919年7月14日に創刊され,週刊で5号を発行したが,8月上旬,軍閥によって禁止された。運動に参加した人々の政治意識を高め,思想的自覚をうながすことを目的に毛沢東が編集し,彼の最初の政治論文〈民衆の大連合〉もこれに連載した。北京の《毎周評論》の体裁にならいタブロイド判4ページ,口語文を用い,理論水準も高かった。発行部数は5000に達したという。【小野 信爾】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android