湘江評論(読み)しょうこうひょうろん(英語表記)Xiāng jiāng píng lùn

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこうひょうろん【湘江評論 Xiāng jiāng píng lùn】

中国,五・四運動当時の湖南学生連合会の機関紙。1919年7月14日に創刊され,週刊で5号を発行したが,8月上旬,軍閥によって禁止された。運動に参加した人々の政治意識を高め,思想的自覚をうながすことを目的に毛沢東が編集し,彼の最初の政治論文〈民衆の大連合〉もこれに連載した。北京の《毎周評論》の体裁にならいタブロイド判4ページ,口語文を用い,理論水準も高かった。発行部数は5000に達したという。【小野 信爾】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android