コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯ノ峰[温泉] ゆのみね

1件 の用語解説(湯ノ峰[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆのみね【湯ノ峰[温泉]】

和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡本宮町にある温泉。重曹を含んだ硫黄泉で,泉温は92℃。リウマチや皮膚病などに効能があるとされる。成務天皇の時代に発見されたという伝えがある。熊野街道中辺路(なかへじ)に沿い,熊野本宮大社が北西約2kmにある。熊野詣の湯垢離場(ゆごりば)で,熊野御幸の上皇をはじめ貴族らの入湯が史料にみえる。説経《小栗判官》などにより,餓鬼の姿となった小栗判官がこの湯で元の身になったという話は広く知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の湯ノ峰[温泉]の言及

【温泉】より

…その行為は,敬虔なヒンドゥー教徒がガンジス川で沐浴し寺院のそばの池の水で身を清めるのと同様の象徴的な意味をもっている。 第2に日本の事例をあげると,紀州熊野の湯ノ峰温泉は熊野もうでの巡礼が最後にたどりつくべき聖泉であった。餓鬼身の小栗判官が照手姫に伴われて湯ノ峰の湯壺に身をひたすと,熊野権現があらわれその霊験によって五体が元通りになったという話はよく知られている。…

※「湯ノ峰[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湯ノ峰[温泉]の関連キーワード熊野青岸渡寺那智那智火祭烏帽子山熊野那智大社牟婁おくとろ椿はなの湯なち

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone