コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯口 ユグチ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐ぐち【湯口】

湯の出口。また、温泉のわき出る口。
鋳造で、溶けた金属を鋳型の枠に流し入れる口。垂直に流れ落ち、湯道へと続く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆぐち【湯口】

湯の出口。温泉のわき出る口。
浴室の出入り口。
鋳造で、溶融した金属を鋳型へ注ぎ込む口。 「 -がわれた、心得て踏まい中たたら/閑吟集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

湯口の関連キーワード烏帽子岳(岩手・秋田県境)志戸平[温泉]花巻(市)鐘(楽器)阿仁[町]明認方法出入り口和同開珎阿仁鉱山金属工芸キュポラ湯口和明湯口凱世遠心鋳造温泉権溶鉱炉たたら花巻市鋳造鋳型

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯口の関連情報