コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯本文彦 ゆもと ふみひこ

1件 の用語解説(湯本文彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯本文彦 ゆもと-ふみひこ

1843-1921 明治-大正時代の教育者,郷土史家。
天保(てんぽう)14年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩校尚徳館にまなび,宇倍(うべ)神社権宮司(ごんのぐうじ)となる。松江中学校長,松江師範校長をつとめる。明治21年京都府属となり「平安通志」60巻の編修執筆にくわわった。のち京都帝室博物館学芸委員。大正10年死去。79歳。因幡出身。号は鉄宇,墨囚。著作に「洛北誌」「京都沿革考」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

湯本文彦の関連キーワードヴェナイト安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育モンゴル文学小森桃塢平田篤胤墓

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone