コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯涌[温泉] ゆわく

2件 の用語解説(湯涌[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

湯涌[温泉]【ゆわく】

石川県金沢市,市街の南東16km,医王山麓にある温泉。含石膏弱食塩泉。40℃。8世紀泰澄の開湯と伝え,江戸時代には湯役銀を加賀藩に納めている。医王山スキー場の基地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆわく【湯涌[温泉]】

石川県金沢市湯涌町にある温泉。食塩泉,40℃。白山連峰の医王山のふもと,浅野川上流にある。養老年間(717‐724)の開湯と伝えられ,藩政時代から湯治場として栄えてきた。金沢市の中心部から最も近く,静かな山峡のたたずまいが魅力となっている。標高400mの高原にあるため夏は涼しく,〈北陸の軽井沢〉とも呼ばれ,十数軒の旅館が温泉街を形成している。南の高尾山中には加賀藩時代の歴史的建築物を集めた江戸村があり,付近にはボート遊びが楽しめる玉泉湖,医王山スキー場などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湯涌[温泉]の関連キーワード片瀬温泉片山津温泉強羅温泉地獄谷温泉杖立温泉堂ヶ島温泉山代温泉湯の川温泉湯村温泉和倉温泉