コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯貽汾 とういふんTāng Yí fén

世界大百科事典 第2版の解説

とういふん【湯貽汾 Tāng Yí fén】

1778‐1853
中国,清代の画家。字は若儀,号は雨生。晩年は粥翁(ひつおう)と号した。江蘇省武進(現,常州)の人。1853年(咸豊3)太平天国軍の攻略にあって殉死し,貞愍(ていびん)という諡(おくりな)を贈られた。天文,地理,百家の学問を修め,弾琴,撃剣,吹簫の諸芸に秀でた。書画詩文に巧みで,書画は董其昌(とうきしよう)を倣って花卉(かき),梅の画に高い気韻を漂わせ,松柏の画には古拙味があった。戴熙とともに最後の文人画の一人として並称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湯貽汾の関連キーワード費丹旭

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android