コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満州実録 まんしゅうじつろくMan-zhou shi-lu; Man-chou shih-lu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

満州実録
まんしゅうじつろく
Man-zhou shi-lu; Man-chou shih-lu

中国,清朝の太祖ヌルハチ (奴児哈赤) 一代の実録。編者不明。8巻8冊の写本。成立については諸論があるが,太宗朝に作られた『太祖実録戦図』を基にして乾隆 46 (1781) 年に完成し,北京の上書房,盛京 (瀋陽) 宮殿,熱河 (現承徳帝) の離宮に各1部ずつが存置された。満州語のタイトルは"Manju i yargiyan kooli"で,冒頭で清朝の開国伝説を述べ,以後は嘉靖 38 (1559) 年から天命 11 (1626) 年に及ぶ太祖の事跡を中心に記述する。各ページは3段に分れ,上から満州語,漢語,モンゴル語で記述し,各所に記述に対応する絵画 81図を挿入するという,中国の歴代の実録に比較してきわめて特異な形態である。 1905年に内藤虎次郎が盛京の崇模閣内で発見して紹介して以来,『満文老 檔 (ろうとう) 』と並ぶ清朝初期史の重要な史料として注目された。なお,本書は 38年に今西春秋の手で満文が和訳されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

満州実録の関連キーワード満州語清実録後金

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android