満目(読み)マンモク

デジタル大辞泉の解説

まん‐もく【満目】

見わたすかぎり。目に見えるかぎり。
「二百十日の風と雨と烟は―の草を埋め尽くして」〈漱石・二百十日〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんもく【満目】

見渡す限り。あたり一面。 「小降りとなりて、-の雲霧白み/自然と人生 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まん‐もく【満目】

〘名〙 目にいっぱいになること。見渡すかぎり。満眸
狂雲集(15C後)如何是法眼宗。演曰、巡人犯夜「青山満目是何法、家醜猶如捧心
※武蔵野(1898)〈国木田独歩〉二「満目黄葉の中樹を雑ゆ」 〔沈約‐与約法師書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android