コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源時綱 みなもとの ときつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源時綱 みなもとの-ときつな

?-? 平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。
勘解由(かげゆ)次官ののち肥後守となる。寛治(かんじ)2年(1088)藤原師通(もろみち)らの詩会に参加。詩は「本朝無題詩」「本朝小序集」に,歌は「後拾遺和歌集」などの勅撰集にある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源時綱の関連キーワード勘解由

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android