コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原師通 ふじわらのもろみち

7件 の用語解説(藤原師通の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原師通
ふじわらのもろみち

[生]康平5(1062).9.11. 京都
[没]康和1(1099).6.28. 京都
平安時代後期の廷臣。別称,後二条殿。師実の子。母は右大臣源師房の娘麗子。永保3 (1083) 年内大臣,寛治8 (94) 年父の跡を継いで関白,氏長者となった。人材の登用に努め,白河法皇の院政を非難した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原師通【ふじわらのもろみち】

平安後期の高官。藤原師実の子,母は源師房女麗子。1083年内大臣,1094年関白・氏長者となる。堀河天皇を助け,白河上皇の院政には批判的で,摂関家の勢力維持に努めた。
→関連項目江家次第後二条師通記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原師通 ふじわらの-もろみち

1062-1099 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
康平5年9月11日生まれ。藤原師実の長男。母は源麗子。承暦(じょうりゃく)元年(1077)参議。内大臣にすすみ,寛治(かんじ)8年(1094)関白,氏長者。従一位にいたる。白河院政に批判的で,僧兵の強訴(ごうそ)にも強硬に対応。学問をこのみ,詩歌,音楽などに通じた。承徳(じょうとく)3年6月28日死去。38歳。号は後二条。日記に「後二条師通記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原師通

没年:康和1.6.28(1099.7.18)
生年:康平5.9.11(1062.10.16)
平安時代の公卿。号は後二条殿。摂政・関白師実と源師房の娘従一位麗子の子。承暦1(1077)年参議。権中納言,権大納言を経て永保3(1083)年内大臣。嘉保1(1094)年父から関白を譲られる。剛直な性格で,白河上皇が受領を近臣として重用し,政治を専断することに批判的で,「おりいの帝の門に車たつようやはある」(『今鏡』)と述べたとされる。また同2年の延暦寺衆徒の強訴に毅然とした態度で対応したため,死後山王の祟りによるとのうわさが流れた。瘡病により死去。『本朝世紀』は師通が関白であった時代について,「嘉保・永長の間,天下粛然」と評している。その死後,白河上皇の院政が本格化し,摂関家の地位が低下した。師通は学問を好み,当時有数の学者である大江匡房,惟宗孝言に師事して漢籍や詩文を学んだ。あるいは祖先の藤原師輔の『九暦』を始めとする日記や儀式書を読み公事を習った。そうした儀式の作法をまとめるために大江匡房に命じて『江家次第』を作らせたとされる。日記『後二条師通記』には,何十点にものぼる書物を閲覧や書写していることが記されており,その勉強ぶりの一端がうかがえる。また容姿が麗しく,漢詩・和歌・音楽・書道・蹴鞠など多方面に優れていた。<参考文献>高群逸枝『平安鎌倉室町家族の研究』

(吉田早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのもろみち【藤原師通】

1062‐99(康平5‐康和1)
平安後期の廷臣。父は関白師実,母は源師房女。1072年(延久4)元服,77年(承暦1)には公卿に列し,94年(嘉保1)関白・氏長者となった。堀河天皇を助け,白河院政に批判的で摂関家の権威を保った。95年神輿を奉じた延暦寺僧徒の強訴を武力で撃退させた。4年後父に先立って没したが,山王のたたりといわれた。学芸に優れ,日記《後二条師通記》は貴重な史料。【黒板 伸夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのもろみち【藤原師通】

1062~1099) 平安末期の廷臣。師実の子。関白。通称、後二条殿。白河院政と対立、延暦寺の僧兵を武力で制圧するなど政治の粛清に努めた。日記「後二条師通記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原師通
ふじわらのもろみち
(1062―1099)

平安後期の公卿(くぎょう)。摂政(せっしょう)師実(もろざね)の長男。母は右大臣源師房(もろふさ)の女(むすめ)麗子。1077年(承暦1)参議、83年(永保3)内大臣となり、94年(嘉保1)父から関白、氏長者(うじのちょうじゃ)を譲られる。96年(永長1)従(じゅ)一位となるが、承徳(じょうとく)3年6月28日急病で没し嵯峨野(さがの)に葬られた。剛直な性格で、堀河(ほりかわ)天皇を助けて白河(しらかわ)法皇の専制政治に対抗し、また僧兵の強訴(ごうそ)にも強硬に対応した。学問を好んで大江匡房(まさふさ)、惟宗(これむね)孝言らに学び、記録・儀式に関心が深く、匡房に『江家次第(ごうけしだい)』をまとめさせ、音楽、書にも秀(すぐ)れていた。二条亭に住み後二条(ごにじょう)殿とよばれた。日記『後二条師通記』(『大日本古記録』全三巻・所収)がある。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原師通の言及

【後二条師通記】より

藤原師通の日記。《後二条殿記》《後二条関白記》《師通公記》などとも称され,内大臣に任じられた1083年(永保3)より,没した99年(康和1)に及ぶ(うち5年分欠)。…

※「藤原師通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原師通の関連キーワード二条尚基二条康道二条光平後二条師通記近衛兼嗣二条兼基二条持基二条師良《後二条関白記》《後二条殿記》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone