源有房(読み)みなもとのありふさ

朝日日本歴史人物事典の解説

源有房

生年:生没年不詳
平安時代の歌人。周防中将と号する。村上源氏。父は大蔵卿師行,母は大宮大進藤原清兼の娘。左大臣源有仁の養子。官位昇進には恵まれず,正四位下左中将にとどまる。平忠盛の娘(清盛の娘とも伝える)を妻とするなど,平氏と親しく,福原遷都に際しても新都に赴いた。仁安1(1166)年『中宮亮重家歌合』など,多くの歌合や歌会に参加し,中堅歌人として活躍したが,勅撰集への入集は『新勅撰和歌集』に「涙河袖のしがらみかけとめて逢はぬうき名を流さずもがな」など2首が入ったのみ。家集に2種類の『有房中将集』がある。<参考文献>井上宗雄『増補版 平安後期歌人伝の研究』

(加藤睦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の源有房の言及

【野守鏡】より

…鎌倉時代の歌論。作者は,源有房,天台僧(氏名不詳)など諸説がある。1295年(永仁3)9月に成立。…

※「源有房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android