コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源朝子 みなもとの ちょうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源朝子 みなもとの-ちょうし

1437-1492 室町時代,後柏原天皇の母。
永享9年生まれ。贈内大臣庭田長賢の娘。後土御門(ごつちみかど)天皇の後宮にはいり,後柏原天皇,尊伝入道親王を生む。新大納言典侍とよばれた。明応元年7月20日准(じゅ)三宮となり,同日死去。56歳。皇太后を追贈された。名は「あさこ」ともよむ。

源朝子 みなもとの-あさこ

みなもとの-ちょうし

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源朝子

没年:明応1.7.20(1492.8.13)
生年:永享9(1437)
室町時代,後土御門天皇の典侍。庭田長賢の娘。後土御門天皇の親王時代に入侍し,天皇即位後の文明5(1473)年8月典侍となる。後柏原天皇,尊伝法親王の母。後土御門天皇の葬礼延期,後柏原天皇の即位が践祚後22年をへて行われるという事態に示されるように,朝廷・幕府ともに疲弊を極めた困難な時代を生きた。文明18(1486)年には天皇の代官として伊勢に参宮している。明応1(1492)年,病危急におよんで三品および准三宮に叙せられた。没後は,般舟三昧院に葬られた。後柏原天皇即位後の永正1(1504)年7月18日に,皇太后を追贈された。

(西尾和美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源朝子の関連キーワードジギスムントカザン・ハーン国源朝子コロンブスジギスムントジギスムントジギスムントジギスムントジギスムントエリザベス・ウッドビル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android