コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源氏十二段 げんじじゅうにだん

世界大百科事典 第2版の解説

げんじじゅうにだん【源氏十二段】

一中節・河東節掛合曲。正名題は《源氏十二段 浄瑠璃供養》。恵井志(えいし)(三升屋二三治)作詞。1807年(文化4)8月開曲。初演のときの出演者は5世都一中,7世十寸見河東(ますみかとう)ほか。《十二段草子》(《浄瑠璃物語》)の〈笛の段〉を中心にその前後を脚色したもので,浄瑠璃御前と牛若丸が知り合い,契りを交わして別れるまで。話もおもしろく曲に変化があり,数少ない浄瑠璃の掛合曲として貴重である。【竹内 道敬】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の源氏十二段の言及

【浄瑠璃供養】より

…河東(かとう)節,一中節掛合曲。正しくは《源氏十二段浄瑠璃供養》。《源氏十二段》ともいう。…

※「源氏十二段」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

源氏十二段の関連キーワード山彦源四郎(3代)津打菅祈

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android