コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源注拾遺 げんちゅうしゅうい

大辞林 第三版の解説

げんちゅうしゅうい【源注拾遺】

源氏物語の注釈書。八巻。契沖著。1698年初校成立。北村季吟の「湖月抄」をもととし、旧注を訂正したもの。新注の嚆矢こうしとして安藤為章の「紫家七論」と並び称される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

源注拾遺の関連キーワード安藤為章北村季吟湖月抄契沖新注

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android