源注拾遺(読み)げんちゅうしゅうい

大辞林 第三版の解説

げんちゅうしゅうい【源注拾遺】

源氏物語の注釈書。八巻。契沖著。1698年初校成立。北村季吟の「湖月抄」をもととし、旧注を訂正したもの。新注の嚆矢こうしとして安藤為章の「紫家七論」と並び称される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android