コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源注拾遺 げんちゅうしゅうい

大辞林 第三版の解説

げんちゅうしゅうい【源注拾遺】

源氏物語の注釈書。八巻。契沖著。1698年初校成立。北村季吟の「湖月抄」をもととし、旧注を訂正したもの。新注の嚆矢こうしとして安藤為章の「紫家七論」と並び称される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

源注拾遺の関連キーワード安藤為章北村季吟湖月抄契沖新注

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android