コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源清鑒 みなもとの きよみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源清鑒 みなもとの-きよみ

?-936 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
陽成天皇の皇子。母は伴氏。臣籍にはいり,源姓となる。従三位,刑部卿。承平(じょうへい)6年4月14日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源清鑒の関連キーワードラウールレオ7世燕雲十六州ハインリヒハインリヒ甄萱石敬瑭ハインリヒ1世ルイ4世(海外王)ヨハネス11世

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone