コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源琦 ゲンキ

世界大百科事典 第2版の解説

げんき【源琦】

1747‐97(延享4‐寛政9)
江戸中期の画家。一般に姓の源(みなもと)を音読みする。琦はその名。氏は駒井,字は子韞,通称幸之助。京都の人。画を円山応挙に学ぶ。とくに唐美人図を得意とし,同門山口素絢の描く和美人と併称された。また彩色に長じ,長沢蘆雪とともに応挙門の二哲と呼ばれた。応挙没後,応瑞を補佐して円山派を盛り立て,応挙画風を素直に継承した温雅な画趣を特色とした。代表作に《梅花水禽図襖》(大乗寺),《楊貴姫図》がある。【河野 元昭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

源琦の関連キーワード円山四条派駒井源琦駒井琦

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源琦の関連情報