コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源舒 みなもとの のぶる

2件 の用語解説(源舒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源舒 みなもとの-のぶる

832-881 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天長9年生まれ。源明(あきら)の長男。母は橘氏公(うじきみ)の娘,時子。貞観(じょうがん)17年(875)参議となり,19年正四位下。左大弁,右衛門督(うえもんのかみ)などを兼任した。元慶(がんぎょう)5年11月29日死去。50歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源舒

没年:元慶5.11.29(881.12.23)
生年:天長5(828)
平安前期の官人。嵯峨源氏の明の長子で母は右大臣橘氏公の娘時子。承和12(845)年18歳で蔵人となり,その後に京官を歴任し,貞観13(871)年,清和天皇の蔵人頭となった。翌年渤海国の大使楊成規らが入京したとき勅使として鴻臚館に赴き,国王からの親書と献上品の毛皮,蜜などを受け取っている。貞観17年参議。元慶3(879)年,中央財源の立て直しを目的として畿内5カ国に官田4000町歩を設置した(元慶官田の制)際には山城国の班田使となっている。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源舒の関連キーワード源信源融氏の長者源氏の君源氏の間嵯峨源氏源定源弘源勝本康親王

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone