コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘氏公 たちばなの うじきみ

2件 の用語解説(橘氏公の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘氏公 たちばなの-うじきみ

783-848* 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)2年生まれ。橘清友の子。嵯峨(さが)天皇の皇后橘嘉智子(かちこ)の兄(薨伝(こうでん)では弟)。天長10年右近衛(うこんえの)大将,同年参議となり,承和(じょうわ)11年右大臣,翌年従二位。承和14年12月19日死去。65歳。死後従一位をおくられる。通称は井手右大臣。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

橘氏公

没年:承和14.12.19(848.1.28)
生年:延暦2(783)
平安前期の公卿。清友と粟田小松泉子の子。奈良麻呂の孫。嵯峨天皇皇后橘嘉智子は姉。弘仁6(815)年1月従五位下。以後,右衛門督,右近衛中将などに任じられる一方,蔵人頭として嵯峨天皇に重んじられた。承和11(844)年7月右大臣となったが,このころから病気がちで家にひきこもり政治にはタッチしなかった。薨伝に「太后弟(たること)をもってこの顕要を歴る」とあるように,才能よりも姉の存在に負うところが大きかったようだ。嘉智子と共に橘氏の子弟の勉学施設として学館院を設立したことでも知られる。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の橘氏公の言及

【学館院】より

…学官院,学宦院とも記す。檀林皇后橘嘉智子が弟の右大臣橘氏公(うじきみ)とはかって建てたもので,一族の大学生の寄宿勉学のために,承和年間(834‐848)の末年ごろ設立したと思われる。場所は右京二条西大宮辺であったというが,その規模や活動の状況は不明である。…

※「橘氏公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橘氏公の関連キーワード高倉嗣章難波宗種藤波種忠万里小路雅房石賢松泉粟田小松引き粟田口国頼清友藤原縄主

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone