コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学習漢字 ガクシュウカンジ

3件 の用語解説(学習漢字の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がくしゅう‐かんじ〔ガクシフ‐〕【学習漢字】

常用漢字のうち、義務教育における小学校の期間に学習する1006字の漢字。小学校学習指導要領の「学年別漢字配当表」に、学習する漢字と学年が示されている。教育漢字
[補説]学習漢字と配当学年一覧
1年生(80字)


2年生(160字)
西

3年生(200字)
使宿調、畑、

4年生(200字)
便

5年生(185字)
退貿綿

6年生(181字)
沿姿、届、

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がくしゅうかんじ【学習漢字】

常用漢字のうち、児童・生徒が学校教育において学習する漢字。狭義には、小学校学習指導要領の「学年別漢字配当表」に示された漢字をいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学習漢字
がくしゅうかんじ

字義的には、児童・生徒が学校で学習する漢字ということであるが、学校教育用語としては、小学校学習指導要領「国語」の末尾に「別表『学年別漢字配当表』」として示されている漢字をいう。かつては「当用漢字別表」「教育漢字」などの語で示されていたこともある。1998年(平成10)改訂の小学校学習指導要領の「学年別漢字配当表」には1006字(1年=80字、2年=160字、3年=200字、4年=200字、5年=185字、6年=181字)が各音訓順に示されている。それらをさして「小学校の学習漢字」「6年生の学習漢字」などとこの語を使っていうことが多い。[久米 公]

沿革

明治以来、学校教育で扱う漢字の字種を限定することについては、幾変遷をたどってきている。古くは、1887年(明治20)に文部省(現・文部科学省)は小学校教科書で教える漢字を約2000字とした。1923年(大正12)には、臨時国語調査会が常用漢字表1962字を発表。31年(昭和6)にはそれを1858字に修正。さらに42年には文部省が標準漢字表2669字を発表した。
 それらを受けて、第二次世界大戦後の1946年(昭和21)11月には、国語審議会が答申した「当用漢字表」1850字を内閣訓示により公布。つづく48年2月には「当用漢字別表」(通称「教育漢字」)881字を公布した。以降、小学校ではこの教育漢字のすべてが読めてだいたいが書けること、中学校ではそのすべてが書けてそのうえに当用漢字が読めるようにとされた。しかし、学年配当については何の指定もなかった。そのために、各教科とも検定教科書ごとに漢字の新出がまちまちで、不都合が多かった。学年の学習漢字が明確に示されるようになったのは、58年改訂の小学校学習指導要領に「学年別漢字配当表」として各音訓順に字種一覧(1年=46字、2年=105字、3年=187字、4年=205字、5年=194字、6年=144字、計881字)が示されてからである。
 その後、1968年(昭和43)改訂の小学校学習指導要領では、備考欄に115字が追加され996字となった。このときから「新教育漢字」「学習漢字」の語が登場し、後者が一般化するようになってきた。また、この計996字が、77年改訂の小学校学習指導要領で、そのまま正規の「学年別漢字配当表」として教科書体活字で提示され、同時に「漢字の指導においては、学年別漢字配当表に示す漢字の字体を標準とすること」とされた。ついで、81年10月に文化庁から「常用漢字表」が公布されるに及んで、「当用漢字」の呼称が学校教育の場から消えることとなった。[久米 公]

現状

さらに、時代、社会の変化と進展のなかで、学習漢字996字の字種や学年別配当のあり方に見直しが加えられ、1989年(平成1)改訂の小学校学習指導要領では、前述の1006字の学習漢字による「学年別漢字配当表」が公布された。またさらに、学年別の字種・字数に変動はないものの、98年改訂の小学校学習指導要領では、指導内容が2学年まとめて示される形になったのに伴い、「各学年においては、学年別漢字配当表の当該学年までに配当されている漢字を読むこと。また、当該学年の前の学年までに配当されている漢字を書き、文や文章のなかで使うとともに、当該学年の前の学年までに配当されている漢字を漸次書くようにすること」とされ、読み書き分離的な取扱いがされるようになってきている。[久米 公]
『尚学図書編・刊『新しい国語の表記』(1985) ▽石田佐久馬編『漢字読み・書き・使い方字典――21世紀の新教育漢字1006字』(1989・講談社) ▽岩村文麿著『教師のための教育漢字』(1990・津軽書房) ▽片桐大自編『最新版 ことばのしるべ――国語表記法のすべて』(1990・学校図書) ▽国立国語研究所著『国立国語研究所報告106 常用漢字の習得と指導』(1994・東京書籍) ▽日本漢字教育振興会編『漢検常用漢字辞典』(1998・日本漢字能力検定協会) ▽久米公著『漢字指導の手引き』第4版(2000・教育出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学習漢字の関連キーワード義務教育教育漢字尋常小学校当用漢字普通教育音訓高等小学校義務教育標準法常用漢字表義務標準法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

学習漢字の関連情報