コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源明 みなもとの あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源明 みなもとの-あきら

814-853* 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
弘仁(こうにん)5年生まれ。嵯峨(さが)天皇皇子。母は飯高宅刀自(いいたかの-やかとじ)。臣籍にはいり,源姓をあたえられた。学才があり,父天皇のすすめで諸子百家をまなぶ。嘉祥(かしょう)2年(849)参議となるが,翌年兄仁明(にんみょう)天皇の死により出家。横川(よかわ)宰相入道とよばれた。仁寿(にんじゅ)2年12月20日死去。39歳。法名は素然。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源明の関連キーワード藤原尊子(2)藤原寛子(2)藤原顕信明子女王藤原能信藤原頼宗藤原長家山田春城ズボン愛宮源舒弘仁公卿

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android