源貞子(読み)みなもとの さだこ

朝日日本歴史人物事典の解説

源貞子

生年:生没年不詳
平安前期,宇多天皇の更衣。源昇の娘。従五位上,小八条御息所。寛平7(895)年第5皇女依子内親王を出産。昌泰2(899)年宇多天皇が出家したころ近侍し,贈った歌が『後撰和歌集』に残る。<参考文献>角田文衛「小八条院」(『古代文化』21巻5号)

(服藤早苗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android