寛平(読み)かんぴょう

日本の元号がわかる事典「寛平」の解説

かんぴょう【寛平】

日本の元号年号)。平安時代の889年から898年まで、宇多(うだ)天皇、醍醐(だいご)天皇の代の元号。前元号は仁和(にんな)。次元号は昌泰(しょうたい)。889年(仁和5)4月27日改元。宇多天皇の即位にともない行われた(代始改元)。894年(寛平6)、菅原道真(みちざね)の建議により、遣唐使が中止された。◇「かんぺい」「かんべい」「かんびょう」とも読む。

かんびょう【寛平】

⇒寛平(かんぴょう)

かんべい【寛平】

⇒寛平(かんぴょう)

かんぺい【寛平】

⇒寛平(かんぴょう)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「寛平」の解説

かん‐ぺい クヮン‥【寛平】

[1] 〘名〙
① (形動) 地形がなだらかに広がっていること。また、そのさま。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「両山の間、地勢寛平、土壌肥美」
② 心がゆったりとして公平なこと。寛仁公平。〔後漢書‐郭躬伝〕

かんぴょう クヮンピャウ【寛平】

平安前期、宇多、醍醐両天皇の代の年号。仁和五年(八八九)四月二七日代始により改元。寛平九年(八九七)七月以降醍醐天皇。寛平一〇年四月二六日昌泰(しょうたい)と改元。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android