コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源頼賢 みなもとの よりかた

2件 の用語解説(源頼賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源頼賢 みなもとの-よりかた

?-1156 平安時代後期の武将。
源為義の4男。保元(ほうげん)の乱で,父にしたがって崇徳(すとく)上皇方につく。敗戦後兄義朝が助命の嘆願をしたがゆるされず,弟の頼仲,為宗,為成とともに保元元年京都船岡山(ふなおかやま)で処刑された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源頼賢

没年:保元1.7.30(1156.8.17)
生年:生年不詳
平安末期の武将。源為義と源基実の娘の子。義朝,義賢らの弟。久安3(1147)年に左兵衛少尉に就任,翌年衛門尉の功を募って天王寺念仏堂を造進。僧徒の強訴防御に活躍したほか,父と共に藤原頼長一族に奉仕。義朝の東国下向,義賢の解官後,為義の後継者になったとされる。久寿2(1155)年に春日社の訴えで解官。同年,養父だった兄義賢が甥の義平に殺害されたため,報復に下向して信濃国で鳥羽院領を侵害,義朝に追討の院宣が下されたが,その後帰京し年末に没した高陽院の葬儀で素服を賜わっている。翌年の保元の乱で父と共に崇徳上皇方に参戦,院の六位判官代となる。敗戦後,父と共に船岡山で義朝に斬首された。<参考文献>上横手雅敬「院政期の源氏」(『御家人制の研究』)

(元木泰雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源頼賢の関連キーワード近衛佐々木盛綱藤原顕隆藤原俊通藤原光雅源為義妻源光信源基子源義賢源頼弘

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone