コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原頼長 ふじわらのよりなが

8件 の用語解説(藤原頼長の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原頼長
ふじわらのよりなが

[生]保安1(1120).京都
[没]保元1(1156).7.14. 奈良
平安時代後期の廷臣。通称,宇治左大臣,悪左府。忠実の次男。母は土佐守藤原盛実の娘。幼名は菖蒲若。誕生して半年後,父の関白忠実が突然白河法皇から内覧を停止されて宇治に隠退したため,幼少年期を宇治で過した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐よりなが〔ふぢはら‐〕【藤原頼長】

[1120~1156]平安後期の公卿。忠実の二男。通称、字治左大臣・悪左府。博識多才で父に愛され、兄の関白忠通と対立。崇徳上皇と結んで保元の乱を起こして敗死。日記「台記」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原頼長【ふじわらのよりなが】

平安後期の高官。通称宇治左大臣・悪左府(あくさふ)。養女多子(たし)を近衛(このえ)天皇の皇后として左大臣に進み,父忠実(ただざね)の援助で兄の忠通(ただみち)と争い,氏の長者(うじのちょうじゃ)となった。
→関連項目平忠正殿暦藤原忠実没官領

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原頼長 ふじわらの-よりなが

1120-1156 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
保安(ほうあん)元年5月生まれ。藤原忠実(ただざね)の次男。母は藤原盛実の娘。内大臣をへて,久安5年(1149)左大臣。父の庇護で氏長者・内覧となり,異母兄の関白忠通(ただみち)と対立。鳥羽(とば)法皇の信任をうしなって失脚し,崇徳(すとく)上皇とむすんで挙兵したが,保元(ほうげん)元年7月14日敗死(保元の乱)。37歳。贈正一位太政大臣。厳格な人柄で悪左府の異名があり,学才でも著名。通称は宇治左大臣。日記に「台記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原頼長

没年:保元1.7.14(1156.8.1)
生年:保安1.5(1120)
平安後期の公卿,学者。関白藤原忠実と土佐守藤原盛実の娘の子。兄忠通の養子。幼名菖蒲若。宇治左大臣,悪左府と称せられた。天承1(1131)年非参議従三位で公卿に列し,長承1(1132)年権中納言,同3年権大納言と急速な昇進を遂げ,保延2(1136)年には鳥羽院庁別当・内大臣となる。時に弱冠17歳で,世人を驚かしめた。久安5(1149)年左大臣に昇る。天皇外戚として執政の地位を掌握することを目指し,養女多子(義兄藤原公能の娘)を近衛天皇に入内させた。折しも兄忠通と対立関係に入っていた父忠実の寵愛により,同6年氏長者となり,さらに忠実の鳥羽法皇に対する推挙により,仁平1(1151)年内覧の地位を得て,関白忠通の立場をしのいだ。久寿2(1155)年,近衛天皇を呪咀し死に至らしめたとの嫌疑により,鳥羽法皇の信任を失い失脚,宇治に籠居した。勢力巻き返しを図るべく,崇徳上皇と結び,源為義らの武士を誘って,保元1(1156)年7月10日兵をあげたが,戦いの中で負傷。奈良に逃れたが,その傷がもとで没した。般若野に葬られる。 のちに,慈円が『愚管抄』の中で「日本第一大学生」と評したごとく,諸事万端に通じた当代随一の学究の人物で,収集・読破した内外の書籍は膨大な数にのぼる。特に朝儀典礼に詳しく,その学識を諸儀礼の再興のため積極的に傾けた。また,学問を通じて,藤原通憲(信西)らの文人貴族・実務官人との交友関係を築いた。日記『台記』を遺し,その記事内容には,学識と,悪左府の名にふさわしい激しい気性を示す逸話が豊富に収められている。没後の安元3(1177)年太政大臣位を贈られる。院政期の政治史にひときわ異彩を放つ,個性的な人物である。<参考文献>橋本義彦『藤原頼長』,東野治之「日記にみる藤原頼長の男色関係」(『ヒストリア』84号),五味文彦『院政期社会の研究』

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのよりなが【藤原頼長】

1120‐56(保安1‐保元1)
平安後期の公卿。世に悪左府,宇治左大臣と称された。関白忠実の次男。母は忠実の家司藤原盛実の女で,いわば妾腹の子である。1130年(大治5)異母兄の摂政忠通の子として朝廷に出仕して以来,官位の昇進をかさね,36年(保延2)17歳で内大臣に昇って世人を驚かせた。またそのころから異常な熱意を学問にそそぎ,ことに儒教の経書の講究に励んで,〈日本第一の大学生(がくしよう),和漢の才に富む〉と評されるまでになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのよりなが【藤原頼長】

1120~1156) 平安後期の廷臣。忠実の二男。左大臣。通称、悪左府・宇治左大臣。兄忠通と対抗し、父の後援を得て氏長者うじのちようじやとなったが、鳥羽法皇の信任を失い、崇徳上皇と結んで挙兵し(保元の乱)、敗死した。和漢の才に富み、日記「台記」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原頼長
ふじわらのよりなが
(1120―1156)

平安後期の公卿(くぎょう)。宇治(うじ)左大臣、悪左府(あくさふ)などともいう。保安(ほうあん)元年5月、関白藤原忠実(ただざね)の第2子として生まれる。母は忠実の家司(けいし)藤原盛実(もりざね)の女(むすめ)で、いわば妾腹(しょうふく)の子である。1125年(天治2)異母兄の摂政忠通(せっしょうただみち)の子となり、30年(大治5)宮中に出仕して以来累進して、36年(保延2)には17歳で内大臣に上って世人を驚かせた。またそのころから異常な熱意を学問に注ぎ、「日本第一の大学生(だいがくしょう)、和漢の才に富む」(『愚管抄(ぐかんしょう)』)と評され、さらに政務にも励み、果断な実行力によって、政治の刷新と古儀の復興に実績をあげた。
 父忠実は摂関家の勢威の回復を頼長に期待し、頼長が左大臣に進んだ翌年の1150年(久安6)、摂政を頼長に譲るよう忠通に要求したが、拒絶されたため忠通を義絶するに至った。頼長は忠通にかわって氏長者(うじのちょうじゃ)となり、さらに翌年正月には内覧(ないらん)の宣旨を受けて執政の権を握った。しかし55年(久寿2)近衛(このえ)天皇の死去を機として、鳥羽(とば)法皇の信任を失って失脚し、さらに後白河(ごしらかわ)天皇の践祚(せんそ)により皇子の践祚の望みを絶たれた崇徳(すとく)上皇と手を結び、56年(保元1)7月法皇の没後まもなく兵をあげたが、あえなく敗死した(保元(ほうげん)の乱)。ときに37歳。のち朝廷は、その霊を慰め鎮めるため粟田宮(あわたのみや)を建て、崇徳上皇とともに祀(まつ)った。その日記『台記(たいき)』は、生彩に富んだ興味ある記述によって名高い。[橋本義彦]
『橋本義彦著『藤原頼長』(1964・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原頼長の言及

【台記】より

…左大臣藤原頼長の日記。《槐記(かいき)》《宇槐記》《宇治左府記》などとも呼ぶが,これらは大臣の唐名〈三台〉〈三槐〉,もしくは頼長の居所,官職に由来する。…

【藤原忠通】より

…平安後期の廷臣。関白忠実の長男。母は源顕房女。法性寺(ほつしようじ)殿とよばれた。1107年(嘉承2)元服後急速に昇進し15年(永久3)には内大臣。21年(保安2)父の失脚に替わり関白・氏長者となり,翌年左大臣に転じた。23年崇徳天皇が即位すると摂政となり,28年(大治3)太政大臣,翌年天皇元服後太政大臣を辞し,ついで関白となった。同年白河法皇が没し鳥羽院政となるが,32年(長承1)に父忠実は院宣により内覧を命ぜられて政界に復帰した。…

【保元の乱】より

…そこで忠通は美福門院への接近を図って策動し,その結果今度は忠実,頼長が鳥羽院の信頼を失って失脚,後白河天皇即位を機に頼長の関白就任・内覧宣下の望みは絶たれた。 56年7月2日鳥羽院が死去すると,天皇方は崇徳上皇,藤原頼長両人をしきりに挑発,上皇方はこれに乗って白河殿に源為義・為朝父子や平忠正らの武士を招集した。これに対し天皇方は為義の嫡子源義朝,忠正の甥平清盛など主要な武士を掌握していた。…

※「藤原頼長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原頼長の関連キーワード桑原忠長四條公任藤原師実教真藤原伊輔藤原忠季藤原忠隆松殿師家源師子和気重基

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原頼長の関連情報