溝口派一刀流(読み)みぞぐちはいっとうりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近世剣術の一流派。伊藤典膳忠也(いとうてんぜんただなり)の高弟で、幕臣の溝口新五左衛門正勝(しんござえもんまさかつ)を祖とする。1651年(慶安4)3月、将軍家光(いえみつ)の病気御慰めのため、一刀流剣術を御覧に供した溝口外記常吉(げきつねよし)の嫡子半左衛門重長(はんざえもんしげなが)(1579―1644)の異称とされてきたが、むしろ、境新右衛門成常(さかいしんえもんなりつね)の三男で、成常が早逝したため伯父である常吉に養われ、御書院番士で400石を領した五左衛門重朝(ござえもんしげとも)(?―1658)ではないかとされる。

[渡邉一郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android